パンプスや通販ならおしゃれ靴ナビ




パンプスのヒールについて

パンプスヒールの高さについて検証してみたいと思います。一般的な意見になりますが、身長とヒールの高さのバランスも考えておかないといけません。

身長が低い人が高いヒールを履くとやはりアンバランス感が見えてしまうのですね。

異常にパンプスのヒールが高すぎても困りますね。派手なイメージを与えることはできますが、上品さといったイメージは与えにくいですね。逆にヒールが低すぎても上品さはでないのではないかと思います。もちろん身長が高めであれば低いヒールであっても合いますけどもね。

そしてバランスといった面からいうと、パンプスのヒールの高さだけに固執してもいけません。その靴に合わせるスカートであったりワンピースの丈も考えていかないといけません。

またいくら脚が長く見えるから、カッコイイからなどの理由で無理してヒールが高いパンプスを履いても、歩き方が変であれば台無しになってしまいます。

歩き方というのは非常に大切なんですね。姿勢であったりとか、足の上げ方であったりとかでまったく印象が変わってきますからね。足をひきづって歩いている人がカッコイイと思いますか?

パンプスおしゃれ靴ナビ | Comment(0) | TrackBack(0) | パンプスの種類

パンプスとヒールの関係

パンプスにはヒールが必ず付いていますが、ヒールにはいろんな種類がありますね。高さもローヒール、ミドルヒール、ハイヒールなどたくさんあります。
正直ハイヒールは長く履くと足にも精神的にもよくないですが。

パンプスはどうしても素材や色やトゥの形に先に目がいってしまいますが、ヒールの太さやデザインも結構重要だったりしますね。ヒールの太さなんて中途半端な太さであると逆に格好悪いパンプスが多いような気がします。もちろん太くてもかわいいものもありますが、大抵人気があるのはかなり太いデザインだったりしますね。

このような中途半端はヒールの太さのパンプスはリクルート用に履くデザインの商品が多いはずです。それはそれできちんと使う用途があるので構いませんが、オシャレをするという観点からすると少し違うものですね。

ピンヒールのパンプスは極端にいうと女王様のようなイメージがありますね。大人の女性という感じですね。ピンヒールで踏まれたいという男性がいるぐらいですからね。

ピンヒールのパンプスは、どうしても先が尖ったものをイメージしてしまいますが、意外とラウンドトゥなどのように先が丸くなっているとギャップがあって可愛く見えます。もちろんヒールの高さはある程度あったほうが上品でいいですね。

パンプスおしゃれ靴ナビ | Comment(0) | TrackBack(0) | パンプスの種類

靴とパンプス

靴は、足に着用するものであり、パンプス、ブーツ、下駄、足袋など
たくさんの種類がありますね。

スニーカー、ブーツ、パンプスなどの靴は、
足の保護の他に衛生やファッションのために着用されるわけなんですね。
ブーツやパンプスなどの靴はファッションとしての履物として
当然のように使っていますが、元々は足を保護するためのものなんです。

さらに機能として考えるならば、パンプスなどの靴の中に中敷を入れたり、
靴下を履く行為も足の保護という観点から考えられているといえますね。

そしてファッションとして靴を選ぶ場合は
状況によって使いわけが必要になってきます。

パーティーや結婚式などに出席するのであれば、
華やかな衣装を身につけることかと思いますのでブーツなどは避けて、
靴はパンプスやサンダルなどを合わせるとよいでしょう。

靴をパンプスにするのであれば、
こういった場はストッキングを履いて上品にしたら尚良いでしょうね。
こういった組み合わせが大切になってきます。

よく歩くことがわかっているのに、
靴をヒールの高いパンプスで行くのは間違っているように
状況に合わせて足元に履くものを選びましょう。
パンプスおしゃれ靴ナビ | Comment(0) | TrackBack(3) | パンプスの種類

靴 パンプスの種類

靴といえばパンプスを思い浮かべる方は、3度の飯よりパンプスが好きな人ではないでしょうか。靴としての機能を果たすパンプスの種類や名称を少し説明しておきましょう。

まず、パンプスなど女性の靴にはほぼ付いているであろうヒールの種類です。
ヒールの名称は高さによって名前が分けられています。


●ハイヒール、ミドルヒール、ローヒール(フラットヒール)ですね。

これらのパンプスの名称はきちんと何センチから何センチまではミドルヒールと決められているのです。しかしパンプスなどの靴を見に行ってもミドルヒールとはあまり聞きませんね。ハイヒールは使いますが。覚えておくとよいでしょう。


●オープントゥ、オープンサイド、スリングバックなど

これらのパンプスは空いている場所によって名前が変わってくるのですね。
側面があいていたり、後ろの部分があいていたりといった感じの靴です。


他にもパンプスにあるストラップの付け方によって、足の固定方法が変わってきますから、これも名称があります。靴の先が丸い尖っているなどでも呼び方は変わりますね。

これらをいろいろと合わせることによって、いろいろなパンプスが登場してくるのです。そしてデザインやカラーなども組み合わせると無限に種類が生まれます。


靴一つをとってみてもパンプス、ミュール、サンダルなどあるように
パンプスの中にもたくさん種類があるわけですね。

自分に合ったものを選ぶのが一番よいと思いますが、
最初のうちはいろいろな種類のものを履いて試してみると
いろいろと気付くことがありますよ。

足の形や歩き方など人それぞれですからね。

パンプスおしゃれ靴ナビ | Comment(0) | TrackBack(1) | パンプスの種類